トップページ » アウンズ・ヤナギハラについて » イベント・セミナー情報 » 季節のオリジナルイベント » アベノミクスは日本を救うか

http://www.mai-ca.net/about/event/2013/05/post-39.phpアベノミクスは日本を救うか</a> » アベノミクスは日本を救うか

アベノミクスは日本を救うか

産経新聞社 講演会
【日時】
平成 25 年 5 月 25日(金)14時開演(13時半開場)
【会場】
ホテルコンコルド浜松 銀木犀の間
【出演者】
田村 秀男 氏 〈産経新聞特別記者、編集委員兼論説委員〉
【主催】
静岡県産経会
【共催】
(株)柳原新聞店  (有) アカマ新聞店
【協力】
 産経新聞 静岡支局
【定員】
100名
【料金】
入場無料 ※事前のお申し込みが必要です。
【お申込み方法】
tel.0120-00-1246 こちらからもお申込できます

マイナス金利に踏み込めるか、大規模公共投資は必要か。
インフレ目標を達成できるか、国債は暴落しないか。
デフレを克服できるか、そして国民の賃金はあがるのか…


安倍政権が発足し早4ヶ月。新聞やニュースで度々話題に挙がる経済政策のひとつ「アベノミクス」は我々の生活にどのような影響をもたらすのか、産経新聞特別記者の田村さんに新聞には書くことのできない本音を語って頂きます。

田村 秀男(たむら ひでお)

tamurahideo.jpg昭和21年生まれ、高知県出身66歳。45年に日本経済新聞社に入社し、ワシントン特派員、米アジア財団上級フェロー、香港支局長、編集委員、日本経済研究センター欧米研究会座長(兼任)、早稲田大学政経学部講師などを歴任。平成18年に産経新聞社に移籍。現在、大手町newsカレッジと早稲田大学経済学大学院の講師を兼ねる。リフレ対策の論陣を張る。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・☆主な著書☆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
『人民元・ドル・円』 『財務省「オオカミ少年」論』 『日本建替論』(共著)
『反逆の日本経済学』など多数   最新著書に『日経新聞の真実』

ページの先頭へ