トップページ » 浜松暮らしQ&A » おみやげ » 浜松土産・特産品 うなぎパイ

浜松暮らしQ&A - おみやげ

浜松土産・特産品 うなぎパイ

うなぎパイについて教えてください。

浜松を代表する銘菓「うなぎパイ」は、浜松人にとって水戸黄門の印籠のようなもの、全国共通の話のネタとしても重宝しています。
 昭和36年に誕生したロングセラー「うなぎパイ」は、今も手作業で作られています。
 うなぎパイには、スタンダード版に加え「うなぎパイVSOP」「うなぎパイナッツ入り」があります。また、「すっぽんの郷」(朝のお菓子)+「えび汐パイ」(昼のお菓子)+「うなぎパイ」(夜のお菓子)の「フルタイム」詰め合わせセットもあります。
 大久保町にある工場「うなぎパイファクトリー」では製造工程の見学ができます。ここで大好評なのが、併設のカフェ・サロンでしか味わえない「うなぎパイのミルフィーユ仕立て」等のオリジナルスイーツです。 「うなぎパイファクトリー」は観光バスが列をなすほどの浜松の人気スポットになっています。

    ■うなぎパイファクトリー  
    営業時間 10:00〜18:00  
    不定休
    浜松市西区大久保町748−51   
    053-482-1765
    HPはこちらから

[ 浜松暮らしQ&A「おみやげ」一覧へ ]

スタッフに問い合わせる

ページの先頭へ