トップページ » 浜松たんぼう » この人 » 「また来たい!」と思われる農園作りを

この人

「また来たい!」と思われる農園作りを

西区呉松町 宮本俊博さん

 大学で農業を学び、その後帰省し、実家である「かしまハーベスト」で働くようになって5年になる宮本さん。「かしまハーベストは観光農園なので、観光客を招いて新鮮な果物を楽しんでもらっています。いつも喜んでいただけるよう、しっかりしたものを作り続けています」と宮本さんは、愛情を込めて果物を生産しています。
 この仕事の楽しさは、お客さんと直に接することができること。「おいしかった」「また食べたい」と顔を見て言ってもらえることにやり甲斐を感じるそう。「最近は食に対する意識が高まっています。お客さんの質問に応じたり、教えたりというふれあいの時間を大事にしたい」と話す宮本さん。「また地域のつながりも大切にしていきたいですね。地元になじみのある、近所の人が買いに来る農園でありたいです」。

[ 浜松たんぼう「この人」一覧へ ]

ページの先頭へ