トップページ » 浜松たんぼう » この人 » 「美味しい!」感動を与えるうどん作り

この人

「美味しい!」感動を与えるうどん作り

西区舘山寺 小山 和孝さん(手打ちうどん権太 店主)

 小山さんがうどんと出会ったのは16歳の頃。アルバイト先の『権太』で作られるうどんの美味しさと、うどんの奥深さに魅せられた事がきっかけです。その後18歳で就職し、本格的に美味しいうどん作りの追求が始まりました。浜松の人に喜ばれる“だし”の実現や年に数回、四国に出向き最先端の技術や材料について学んでいます。
 「25歳で店主になった時、先代から受け継いだ味を守るプレッシャーがありました」と小山さん。天候によって味や食べ応えが異なる為、日によって麺作りを変える等、日々の努力を「苦労とは感じません。『権太』のうどんを食べた時の感動を多くの人に伝えていきたい。その思いが昔から変わらないから続けられるんですよ」。小山さんのうどんに対するこだわりと強い思いはこれからも続きます。



[ 浜松たんぼう「この人」一覧へ ]

ページの先頭へ