トップページ » 浜松たんぼう » この人 » たくさんの絵を描きたい!

この人

たくさんの絵を描きたい!

中区野口町 中村 周平さん

 幼い頃から絵を描く事が好きだった中村さんがパソコンを使って活動を始めたのは小学2・3年生の時でした。生後まもなく発症した『ウェルドニッヒホフマン病(筋肉が萎縮していく難病)』を患いながらも、現在は左足の親指でドラッグボールを操作し、作品制作に奮闘する毎日。多い時は月に6〜7枚仕上げる事もあるそうです。
 過去にコンクールへ出展し多くの賞を受賞しました。また、個展も2回開催する等、様々な活動を行っています。「パソコンを使うと、自分らしい絵が思い通りに描け、細かい作業がしやすいんです」と中村さん。作品はどれも大胆な色遣いと、独特の視点から描かれおり“絵の雰囲気が好き”という感想も寄せられるほど。「これからも色々な人に自分の絵を見てもらえたらと思っています」。希望に満ちた中村さんの今後の活躍が楽しみです。

nakamura09_9.jpeg

[ 浜松たんぼう「この人」一覧へ ]

ページの先頭へ