トップページ » 浜松たんぼう » この人 » 昔ながらの製法で作る蒲鉾や練り製品

この人

昔ながらの製法で作る蒲鉾や練り製品

中区砂山町 入谷腆さん

 「砂山銀座東通り商店街」で入谷蒲鉾店を営む入谷さん。この道一筋54年間も地元の人たちにおいしい蒲鉾や練り製品、焼きとり、ホルモンの煮込みなどの総菜類を提供しています。
 この店の特長は、新鮮な魚を原料にすり身を造り、保存料などは使用せずに昔ながらの製法で手作りしていること。これからの季節には各種焼きとりや、そのまま醤油などを付けて食べる野菜いっぱいの揚げ半ぺんがお薦めだそうです。
 「お客さんのおいしいの一言が、喜びと励みになって頑張っています」と入谷さん。「これからも心を込めて作り続けていきたいです」。 

[ 浜松たんぼう「この人」一覧へ ]

ページの先頭へ