トップページ » 浜松たんぼう » この人 » 試合を通して交流の輪が広がる

この人

試合を通して交流の輪が広がる

TAKE OUT(テイクアウト)

インディアカチーム「TAKE OUT」は、2年前に結成されました。
男性2人、女性4人の混合チームで、年間10試合以上の大会に意欲的に参加しています。

優勝経験も豊富で「うちのチームは男性陣のレシーブ力+攻撃力が抜群なんです」と、信頼を寄せる女性メンバーたち。

インディアカは、ドイツで生まれたインターナショナルスポーツ。
羽根の付いたインディアカボールを手の平で打ち合うのが特徴です。

ルールはバレーボールに似て、3回で相手コートに返すのが基本。
男性のアタックなど迫力もあり、緩急とり混ぜた駆け引きのプレーあり。
取り組み方で、技術的な向上を図る競技スポーツにもなれば、レクリエーションとしても楽しめます。

インディアカ愛好者も増えて「毎週数チームが集まって、試合をしながら交流しています」と話すリーダーの白石さん。
やればやるほど、奥が深いスポーツです。

TAKE  OUT09-10.JPG

[ 浜松たんぼう「この人」一覧へ ]

ページの先頭へ