トップページ » 浜松たんぼう » この人 » 心とからだに効く「健康吹き矢」で仲間づくり

この人

心とからだに効く「健康吹き矢」で仲間づくり

フッキー北部同好会


浜松市立北部公民館で行なわれた体験教室(NPO法人「健康の未来」主催)がもとになって2008年に結成されました。

「健康吹き矢」は姿勢を正して椅子にこしかけ、4メートル先の的に向かって、プラスチックの矢を飛ばす、というシンプルな競技ですが、呼吸さえ出来れば、子供も高齢者も障害のある人もトライできます。

現在、会員は40〜70代の30名、第1第3水曜日の午後、練習に励んでいます。

これまで北部公民館祭に参加したり、公民館主催の子ども講座を手伝ったりしてきましたが、今年に入ってからは市内各地の吹き矢仲間たちと技術を競い合う大会に参加、優れた成績を残す会員が増えてきました。

「健康吹き矢」のポイントである腹式呼吸は、脳の働きをいきいきとさせ、心肺機能を向上させるといわれていますが、練習日の楽しみは、的に矢が当たった、はずれたと仲間たちと一喜一憂することにあるのかもしれません。

見学希望の方は、事前にご連絡の上、どうぞ。

hukiya10_08.JPG

[ 浜松たんぼう「この人」一覧へ ]

ページの先頭へ