トップページ » 浜松たんぼう » この人 » 夢を叶えるために異国で頑張るふたり

この人

夢を叶えるために異国で頑張るふたり

この人1.jpg

西区和地町 ドロシー さん、カン キンエ さん

 「日本語を学び、フライトアテンダントになりたい」「日本語の教師になりたい」。そんな夢を抱き、カンさんは台湾から、ドロシーさんは香港からオイスカ開発教育専門学校に留学に来ています。数年間家族と離れる事はとても不安でしたが、夢に向かって挑戦してみたかったという二人。毎日受ける日本語授業に加え、日本語検定を目指すための自主勉強を行ったり、積極的に学業に励んでいます。昨年では、カンさんは日本語でのスピーチコンテストに挑んだそうです。二人に日本の国の印象を聞いてみると…「道にゴミが落ちてなくてきれい。日本人は挨拶や礼儀がしっかりしていて、親切」との事。最初は窮屈に思う事もありましたが、慣れていくうちに善く思えるようになったそうです。日本人の友達にも恵まれ、学生生活を送っている二人。
 今後は、日本のいろんな街に行ってみたいという楽しみを抱きながら勉強をさらに頑張ります。

[ 浜松たんぼう「この人」一覧へ ]

ページの先頭へ