トップページ » 浜松たんぼう » この人 » 人との出会いが制作の糧に

この人

人との出会いが制作の糧に

北区細江町中川 新村 文祥 さん

201606konohito1.jpg 201606konohit2.jpg 201606konohit3.jpg

 細江町で造形絵画教室を主宰する新村さん。
美術講師を始めて28年が経ちました。
「デッサンや簡単なスケッチから、本格的な風景や静物などの水彩・油彩画、創作による絵画、イラスト画、立体作品など、個々のニーズに合わせて様々な制作のサポートをしています」。
生徒は大人から子ども、美大受験生まで。教室ではそれぞれの人の要望に対応し、個性を生かす指導をしています。
新村さんは教室での指導以外に、中学・高校・専門学校での美術講師やイベントでの似顔絵制作、自らの作家活動をしています。
「個展やグループ展などで作品を発表していますが、制作の時間を確保するのが大変ですね」。
 「絵画教室や学校で色々な世代の人と交流することで、その考え方に触発されます。
それが自分の制作活動の糧にもなっていますね」と話す新村さん。
「まったりとした空間で楽しく創作できる場所の提供をしています。気軽に教室見学、体験にお越しください」。
いろな方と出会い、一緒に活動していきたいですね」。

[ 浜松たんぼう「この人」一覧へ ]

ページの先頭へ