トップページ » 浜松たんぼう » この人 » 直親の思いを歌に込めて

この人

直親の思いを歌に込めて

天竜区山東 島 育子 さん

201710konohito.jpg

 いよいよクライマックスを迎えるNHK大河ドラマ「おんな城主直虎」。
主人公直虎のいいなずけだった井伊直親を題材にした曲「青葉の笛」を歌っているのが、地元の演歌歌手の島さんです。
引佐町寺野地区の住民の依頼により企画されたこの曲は、天竜区二俣町の川島修一さんが作曲し今年の春に発売されました。
「直親は9歳の時、今川氏に命を狙われて南信州飯田市高森町の松源寺に身を隠し、20歳の時にやっとの思いで故郷井伊谷に戻りました。その道中、ひよんどりの舞で有名な引佐の寺野にある六所神社に立ち寄り、自分が使っていた青葉の笛を奉納したと言われています」と島さん。
曲はイントロに笛の音が入り、とても哀愁を感じさせます。
「帰りたくても帰れない直親の切ない思いを感じながら、心を込めて歌っています。一人でも多くの方に聴いていただけるよう、歌い続けていきたいです」。

[ 浜松たんぼう「この人」一覧へ ]

ページの先頭へ