トップページ » 浜松たんぼう » 地域言い伝え » 奥山線廃線跡地の旅 第6回 

地域言い伝え

奥山線廃線跡地の旅 第6回 

正楽寺〜田畑

県道から小野団地に入る小道が廃線跡。

小道はカーブしていますが、廃線跡はまっすぐ延びていたみたいですね。
団地の端の入口に橋台が残り少し先の堤防上には橋脚らしきものが残っています。
団地を抜け井伊谷川を渡った奥山線はその堤防の東脇を走っていました。

正楽寺の集落へ入り、自動販売機のある空き地が正楽寺駅跡。
奥山側から狭い山道を抜けると井伊谷駅跡に出ます。
唯一現存する四村駅舎は、隣に建っている家の物置になっています。

竜ケ岩洞へ行く交差点付近が公衆トイレになっていて浜松側脇が田畑駅跡。

近くに採石場があり、積み出しの為に貨物の引き込み線があったらしいですよ。


BY 高丘店 杉山

[ 浜松たんぼう「地域言い伝え」一覧へ ]

ページの先頭へ