トップページ » 浜松たんぼう » 地域言い伝え » 奥山線廃線跡地の旅 第7回 

地域言い伝え

奥山線廃線跡地の旅 第7回 

中村〜奥山 【最終回】

とうとう奥山線跡シリーズの完結となり終点です。

田畑から中村駅の間の廃線跡も舗装道路になっていますが、旧道が線路に沿っていたのか旧道と廃線を合わせて拡幅されたような感じです。

中村駅跡に至るカーブが中村駅跡付近のようですが、はっきりしていないのが残念です。

小斎藤の集落の中で一件だけ道路の東側に建っている家が小斎藤駅跡らしいです。
小斎藤の集会場脇を通りその先の小道へ続いていました。

神宮寺川に架かる鉄橋は桁を利用し遊歩道として残っています。
その先は廃線跡らしい小道が続いています。

終点奥山駅は、現在遠鉄バスの車庫になっているのでわかりやすいと思いますよ。

シリーズが始まってから長い旅になりましたがとうとう終点です。
昔、この軽便鉄道を利用して、のどかな風景のなか走って人々の貴重な脚となっていたのかなぁと想像し、一度乗ってみたかったなぁと思いながらちょっとのんびりした気持ちになりました。


BY 高丘店 杉山

[ 浜松たんぼう「地域言い伝え」一覧へ ]

ページの先頭へ