トップページ » 浜松たんぼう » 地域言い伝え » ナスのへたは口内炎に!!

地域言い伝え

ナスのへたは口内炎に!!

作り方  
1 ナスのヘタを包丁で取る。
2 アルミホイルで密封するよう包みオーブンで黒焦げになるまで焼く。  
3 取り出したホイルは十分冷めてから開ける事(ここが超重要!)。  
4 すり鉢ですって粉末状態にし、口内炎のできた所にすりこんでおけば良し。

ナスには、熱を下げ出血を止めて腫れ物を治す力があります。特に「ヘタ」の部分を黒焼きにしたものには効果が高いと言われ、粉末にして口内炎に塗ったり、また歯磨きに混ぜて使えば歯周病や歯槽のう漏の予防になる、と言い伝えられています。

なす

[ 浜松たんぼう「地域言い伝え」一覧へ ]

ページの先頭へ