トップページ » 浜松たんぼう » 地域言い伝え » 奥山線廃線跡地の旅 第1回

地域言い伝え

奥山線廃線跡地の旅 第1回

大正3年、軽便鉄道奥山線は浜松市元城〜引佐金指間で開通。大正12年には奥山まで全面開通となり、昭和39年に全線廃止となりました。
奥山線の通っていた所の多くが柳原新聞店の配達エリアと知り、この旅のシリーズを思いつきました。

〜遠鉄浜松〜元城まで
 ・遠鉄浜松駅跡は現在のクリエート浜松がある場所で、碑が建っています。

 ・北田町停車場跡(北田町駅跡)は現在『みどり公園』になっており、ここにも碑が建っています。

 ・北田町〜川縁を走っていたそうですが、歩いてみたときはよくわかりませんでした(T_T)
 ・元城駅跡は現在のホテルコンコルド浜松がある場所で、ここには車庫と工場があったそうです。

〜亀山トンネル〜名残

 ・ホテルコンコルド浜松南側の道路を西方向に歩いていくと、亀山トンネル跡に着きます。
  壁と東側の入口に奥山線の説明と写真がありました。
  ここは自転車道になっていて、整備されていて、とてもキレイでしたよ。
  トンネルの上は道路だけでなく、家も建っています。モダンなトンネルです♪

 ・広沢駅跡は電車が駅に停車している絵が描かれた記念碑があります。

 ・遊歩道には車輪型をした車止めがたくさんあります。(広沢トンネルの上は道路です)

  奥山線線路跡(ラッキョ軽便)には、蒸気機関車をかたどったモニュメントがあります。

 ・名残駅跡は現在遊歩道になっています。ここにも車輪をかたどった車止めがあります。


廃線跡地は碑が建っているとわかりますが、どこを走っていたかは想像するだけですので、跡地がわからない駅もあると思いますが、奥山までのルートを旅しながら伝えられれば・・・と思います。


BY 高丘店 杉山

[ 浜松たんぼう「地域言い伝え」一覧へ ]

ページの先頭へ