トップページ » 浜松たんぼう » 地域言い伝え » 奥山線廃線跡地の旅 第4回 

地域言い伝え

奥山線廃線跡地の旅 第4回 

谷〜祝田

都田口から谷は住宅地でわかりにくいですが、道路に沿った小道が廃線跡で、道路は急な坂を上がって行きますが、廃線跡は緩やかに上り県道の橋下を通ります。

谷駅は遠江変電所東端辺りにあったようです。高い盛土が廃線跡。

祝田駅に続いていると思われる道は薮になっています。
ちょっとした公園がありそこの南側を走っていたようですね。

祝田橋を渡ってすぐのバス停辺りが祝田駅。駅前に一軒の大きな家があり大地主の伊藤家ですが祝田駅はその家のために造られたそうです。一軒の家の為に駅が出来るなんてすごい事ですね。

奥山線跡も三分の二は過ぎ、あと少しで終点になります。

BY 高丘店 杉山

[ 浜松たんぼう「地域言い伝え」一覧へ ]

ページの先頭へ