トップページ » はままつ新聞 » こども情報 » 田園空間博物館 南遠州とうもんの里

こども情報

田園空間博物館 南遠州とうもんの里

田園空間博物館

7月の県民便りの表紙に載っていた「とうもんの里」

南遠州のエリアを屋根のない博物館として整備し、とうもんの歴史、伝承文化、自然、農業やくらしそのものを博物館の展示物として保存する、という博物館です。

地域全体が博物館として散策できるよう、マップの配布も行われています。

遠州ぅ穀倉地帯流E??
「とうもん」とは聞きなれない言葉ですが、「稲面(とうも)」または「田面(たおも)」に由来するといわれる言葉です。
旧大須賀町・旧浅羽町・旧福田町)の南遠州は、遠州の穀倉地帯として、どこまでも田園風景が続いているのを目にすることができます。


とぁE??んぅ里館?E??示

館内には様々なイベントを行う部屋や、地域の見所や歴史などを紹介するパネルなどが展示されています。建物の中には納まりきらない展示物を探しに、マップを手に地域を散策してみるのがおすすめ。

これからの時期、夏休みの小学生対象に様々なイベントも企画されています。また、定期的に行われている講座も多数あり。

なかでも、「おやつ講座」は地域の食材を使っておやつを作る講座。第4金曜日の10時から行われ、託児もありますので、小さなこどもがいるお母さんも参加できますね。(要受講料)


また、毎週金・土・日曜日には「朝採り昼市」を開催。9時から夕方5時まで

歴史や文化、農業に触れることができる「とうもんの里」に是非足を運んでみてください。


田園空間博物館 南遠州 とうもんの里

掛川市山崎233

0537?48?0045

休 火曜日
0537?48









[ はままつ新聞「こども情報」一覧へ ]

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

ページの先頭へ