トップページ » はままつ新聞 » こども情報 » 伊場遺跡公園

こども情報

伊場遺跡公園

伊場.JPG

JR浜松工場の南側にある伊場遺跡公園は、縄文時代から室町時代にかけての複合遺跡を公園として整備し公開しています。

鉄道の引込線を渡り公園内に入ります。半径数百メートルの規模の遺跡ですが、すでに工場や住宅が建っていてその全貌はわかっていません。

公園内には、弥生時代後期の三重にめぐる濠(ほり)、復元された古墳時代の住居、奈良・平安時代の掘立柱建物、大溝(小川の跡)が遺跡の一部として見学できます。

伊場遺跡.JPG

こうした高床式の建物が実際に復元されています。当時は米などの食料を保存するための倉庫として使用されていたようです。


公園に隣接して伊場遺跡資料館があり、周辺の遺跡も含めてこのあたりで発見された出土品を展示しています。

東海道線や新幹線からも公園の様子を見ることができます。そして、公園からはすぐそばを行き交う列車や新幹線を見ることができます。

公園を散策しながら地元の歴史に触れることができる公園です。

伊場遺跡資料館は月曜休館。









[ はままつ新聞「こども情報」一覧へ ]

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

ページの先頭へ