トップページ » はままつ新聞 » こども情報 » 夏休みは公園の屋外児童プールへ

こども情報

夏休みは公園の屋外児童プールへ

いよいよ夏休み。

子どもが家にいるこの期間、暑い毎日を少しでも快適に過ごしたい。

そんな風に思っているお父さんお母さんは多いですよね。

そんな時におすすめなのが、浜松市の公園にある屋外児童プール。

オムツが取れた幼児から小学生までが利用できます。

おまけに無料! これなら毎日通うことも可能ですね。

公園遊びをしながら、汗をかいたら児童プールへ。お弁当を持参すれば1日遊ぶこともできます。

夏ならではの公園の活用法。リーズナブルとあれば利用しないてはありません!


屋外児童プールは以下の6つの公園にあります。

浜松城公園、和地山公園、船越公園、相生公園、表浜公園、弁天島公園。

利用できるのは7月18日(土)から8月31日(月)まで。

9:30?12:00  13:00?16:00

就学前の子どもには保護者が水着を着用して一緒に入水することが必要です。また、水泳帽の着用も必須。
小学生は原則一人でも利用が可能です。
オムツが取れていない幼児は利用ができません。水遊び用のオムツは不可。

浮き輪・ビーチボールの使用は可能です。(当日の混雑状況による)










[ はままつ新聞「こども情報」一覧へ ]

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

ページの先頭へ