トップページ » はままつ新聞 » 食べ物よもやま話 » 氷砂糖と浜松

食べ物よもやま話

氷砂糖と浜松

氷砂糖

果実酒を作ろうと
氷砂糖を探したら
浜松の会社が作っていました。

白羽町の藤田氷糖さんです。
きれいな
水晶みたいな感じです。

浜松と氷砂糖
イメージがわきませんでした。

調べると
浜松が氷砂糖
生産量日本一だったんです。

知っていましたか?

昭和初期には
全国生産量の90%を超えていました。

でも
太平洋戦争末期に
戦時企業整備令によって、浜松の氷砂糖会社は
すべて大坂の会社にまとめられてしまいました。
以来、浜松の日本一の時代は復活していません。

氷砂糖にまつわる話があります。
乾パンに金平糖を入れた三立製菓。

旭日氷糖(浜松)の関連会社、旭日写真工業は
昭和3年、日本初の写真ロールフィルム「菊フィルム」を
発売しました。
さくらフィルム、フジフィルムよりも前です。









[ はままつ新聞「食べ物よもやま話」一覧へ ]

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

ページの先頭へ