トップページ » はままつ新聞 » 食べ物よもやま話 » ダイエットに、「ごはん」は大敵?

食べ物よもやま話

ダイエットに、「ごはん」は大敵?

「ごはんは残しても、おかずは食べて」と良く聞きませんか?

■でも、
 ごはんに含まれる炭水化物は大切なのです。
 いいえ、
 食べなくては体に良くないのです。
 筋肉が減ってしまいますよ。

■炭水化物って聞いたことはありますね。
 糖質とも言われます。
 ブドウ糖、果糖、ショ糖(砂糖)、デンプンなどがそうです。

 ブドウ糖はそのままで体に使われます。
 そのほかは、酵素で分解されてから利用されます。
 デンプンはブドウ糖まで分解されます。

■脳はブドウ糖がお好き
 からだの臓器は、利用できるエネルギー源が決まっています。
 なんと、脳はブドウ糖しか使えません。
 筋肉は、ブドウ糖、脂肪、アミノ酸などが使えます。

■もし、
 炭水化物を食べないと、ブドウ糖を作るために、肝臓のグリコーゲンというブド
 ウ糖を貯えたかたちの物質が分解されます。

さらに、
 グリコーゲンが無くなると、筋肉のタンパク質が分解されてアミノ酸となり、ア
 ミノ酸からブドウ糖が作られるようになります。

■こんな理由で、
 炭水化物を食べないと、筋肉が減ってしまうワケです。
 ちょっとこわい話ですね。
 ふつうに、ごはんを食べましょう!!!


■ところで、
 炭水化物のことを書いていたら、おなかが空いてしまいました。

 酒屋にポテトチップスがあったので、つい買ってしまいました。
 ジャガイモには、デンプンがたっぷり入っていますね。
 そういえば、料理にトロミをつける「かたくり粉」って、かたくりでなく、ジャ
 ガイモデンプンだったって、知ってましたか?

■三方原男爵いも
 地元では当たり前ですが、よそへ行くと、三方原の男爵いもは有名ですよ。
 赤土がおいしいジャガイモに合っているのですね。
 北海道でとれる前にできるから、よけいにいいのかも。

■さっそく食べてみたら、
 素朴な味でした。
 なつかしい!
 塩味で、
 かんでいると、
 ジャガイモの味がしてきます。
 酒のつまみにいいかも。

■コイケヤのポテトチップスをよく食べてますが、
 もっとシンプルな味でした。
 ほかの味もあるといいのにね。


 久島康夫(静大大学院卒 栄養化学専攻)









[ はままつ新聞「食べ物よもやま話」一覧へ ]

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

ページの先頭へ