トップページ » はままつ新聞 » 食べ物よもやま話 » 知って得する 野菜の見極め術!!

食べ物よもやま話

知って得する 野菜の見極め術!!

こんな経験はありませんか?

スーパーの野菜コーナーに並ぶお野菜。
・・・どれが美味しいんだろう?
・・・同じ種類だけど、どれが新鮮なのかしら?

誰もが思った事があると思います。
こんな時、《野菜の見極め》が出来たら、お得に思いませんか?
きっと買い物が今まで以上に楽しくなるはずです!!

今回は、知って得する “新鮮”“おいしい” 野菜の見極め方を教えます。
yasai.jpg

-----------------------------------------------------------------------------

リンゴ

美味しいリンゴを選ぶポイントは「重さ」。同じ大きさなら、重いほうが密がたっぷり入っています。「ツルの太さ」にも注目を!りんごは木の枝に実り、太陽を浴びる程に熟成して甘くなります。つまりツルの太さは、満足な熟成度の証拠というわけです。「お尻」も見逃さないで!!りんご全体の色を見るのでなく、お尻の色が「黄色く透明感のある」ものなら味は確かですよ。 

保存法
りんごは「追熟する果物」なので、同じく追熟するタイプの果物キウイやバナナ等と一緒に置くと、熟成が早まり痛みやすくなるので注意を。長期保存には野菜庫が一番ですが、常温で置くなら、人の出入りが少なく気温差のあまりない場所が理想。
ringo.gif

ホウレン草

ホウレン草は、葉っぱの生きの良さが勝負ですが「根っこ」の赤いものほど美味しい、とも言われています。ぜひ根っこに注目しましょう。また、茎の太さも味を見分けるポイント。寒さに耐え、太陽の光りを浴びて育った「路地」は茎が太く、固いけれど甘味が豊か。一方「ハウス」は、甘味は少ないけれど柔らかさが特徴。お店の人に「路地」か「ハウス」かを尋ねてみることもお勧めします。

「日本ホウレン草」を捜せ
気付いてました?最近の店頭に並ぶのは、葉っぱの周囲が丸い形をしたものが大半なんですよ。でも、ギザギザの葉っぱをした「日本ホウレン草」という品種は昔ながらの甘味で、生産者からも推薦の品。葉に注目して探してみましょう。
hourennsougif

キャベツ

「柔らかな黄緑色」をしたキャベツはお料理にもすぐ使えそうで新鮮そうに見えますが、実は緑濃い葉っぱに包まれたキャベツの方が新鮮さは確かなんですよ!!店頭では日にちが経つたびに、周囲を囲む葉を剥いていくので、薄皮のキャベツの場合には「古くなり剥かれた可能性有り」ということにもなるんですよ。上部に割れ目が入っていたり、付け根の切り口が割れているのも収穫から日にちの経った証拠。要チェックを!!

レタスとキャベツ
キャベツは、持ってズシリと重いものを選びますが、レタスは逆に軽いものを選んだ方が正解!あまりに重い、というのは中心部で葉が成長しないで固まってしまっている可能性もあるんですよ。
kyabetu.gif

ニンジン

ニンジンの新鮮さを見つけ出すには「軸(葉っぱが付いていたところ)」に注目。軸が浮き出たものやカラカラに乾いて黒くなったものは収穫から日にちの経った証拠です。また、ニンジンから生えている根っこにも注目を。収穫後切ってしまうことが多いのですが、運良く根っこが残っていたらチェックしよう。ピ〜ンと元気なら安心…と、新鮮さは見抜くことが出来るんですよ。 

ふりかけ作り
❶葉っぱを茹でて搾りみじん切りにします。❷水分をとばすよう広げておく。❸カラカラに炒り、白胡麻や塩、一味唐辛子を加えて味付けをして出来上がりです。
ninnjin.gif

キノコ

水分をたっぷり含んだキノコほど新鮮です。包装された周囲に水滴が付いているようなら古くなりかけています。マイ茸は、白い切り口が黒ずんできたら鮮度が落ちた証拠。椎茸も、日が経つ毎にカサや茎の隅々が黒ずんでくるんですよ。また、カサがつぼんだ状態の時収穫し、その後成長して広がり薄くなっていくので、採りたて・新鮮な証拠である「丸く肉厚」のものを選びましょう。

真空パックのなめこ
なめこの鮮度は「切り口」で調べますが、今やほとんどが真空パック包装で外観から見分けるのはなかなか難しい…唯一の手かがりは「袋の状態」。日が経つとキノコからエチレンガスが発生し、袋が少しずつ膨らんでくるので、完全な真空パックの保たれたもの程新鮮というわけです。
kinoko.jpg

ブロッコリー

ブロッコリーのツブツブは「つぼみ」なんですよ。だから、真ん中が黄色がかってきたら「花」が咲き始めた証拠…日が経っています。また、茎を押して固ければOK。水分が多く新鮮といえます。「芯に空洞があると古い」と言われることもありますが、この説は間違い。収穫時から空洞が出来ている事も。モコモコさは「個性」。新鮮さ・味・栄養に変わりありません。 

栄養価
表面にあるツブツブのつぼみには「花」になるために必要な栄養素がたくさん含まれ、その豊かさはビタミンAのもとカロチン、鉄、カルシウム…ビタミンCにいたってはレモンの2倍もの量!柔らかい茎にもビタミンAなど、たくさんの栄養があるので残さず食べましょう。
burokkori.gif









[ はままつ新聞「食べ物よもやま話」一覧へ ]

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

ページの先頭へ