トップページ » はままつ新聞 » 食べ物よもやま話 » 日本一早い出荷 白タマネギ

食べ物よもやま話

日本一早い出荷 白タマネギ

白タマネギ

青い葉っぱがついた
皮の白いタマネギが
正月から売られています。

浜松の篠原地区で作られている白タマネギです。

日本で一番早い出荷時期です。

白タマネギの産地は
浜松と愛知県です。

2月半ばからは
葉っぱを切った
玉だけになります。
5月の連休まで売っています。

かつお節としょうゆ、マヨネーズをかけて
サラダで食べられます。

ふつうの黄色い皮のタマネギより
辛みが少ないので
生でいけます。

それでも辛い人は
切ってから
水でさらすと
辛みが減ります。

浜松では白タマネギの他に
黄タマネギ、赤タマネギが栽培されています。

きざむときに
涙が出るのは
硫化アリルという物質のせいです。

硫化アリルはビタミンB1の吸収をよくします。
B1がたくさん含まれている豚肉と
いっしょに料理するとベストです。









[ はままつ新聞「食べ物よもやま話」一覧へ ]

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

ページの先頭へ