トップページ » 特集 » ちょっと粋(変?)だね、遠州の人5

特集

ちょっと粋(変?)だね、遠州の人5

テレビ好き日本一の静岡県

昔に比べ、テレビを見る人が少なくなっているようです。
NHKの「朝の連続テレビ小説」も昭和58年の「おしん」は平均視聴率が52%を超えていましたが、最近は20%にも届きませんし、テレビ番組全体でも、視聴率が20%を超える番組は稀で、昨年後半30%を超えたのはオリンピックやサッカーの国際ゲームなど数えるぐらいしかないのです。

これは、インターネットやケーブルテレビの普及、テレビゲーム、レンタルビデオ・DVDに加え、番組自体の質の低下が原因でしょう。民放のスポーツ番組はもとより、ニュースまでもバラエティ化していることに嫌気がさしている人が少なくないようです。

最近はNHK国民生活時間調査(2000年)によると、日曜日にテレビを見ている時間が最も長いのは、静岡、北海道、青森の4時間29分だそうです。一番見ていないのが和歌山の3時間36分ですから、1時間ほど多いことになります。もちろん、テレビを見るといっても、つけっぱなしの「ながら族」と真剣にテレビを見ている人がいます。

真剣に見ているのが日本一多いのは静岡県なのです。 女性より男性の方が、年齢では60歳以上の人がよく見ているようです。県内では、駿河の人より、何事にも熱中しやすい遠州の人の方が夢中になって見ている気がしますが、どうでしょうか?

ページの先頭へ

県民性からみた恋愛・結婚の相性

県民性からみた恋愛・結婚の相性は、今までも県民性の本でも書いてきましたが、都道府県単位で男女の相性を見ると、実に2209通りの組み合わせがあります。それも、静岡西部、中部、東部などと始めたら、1万通り以上になってしまうのです。

過去に何回か、TV番組で出演するタレント夫婦の相性を見て欲しいといわれたことがあります。出身県からは、すべてのご夫婦の相性はどうみても10点満点中、普通を5点とすると平均点7.5点以上なのです。また、女性誌に頼まれて芸能界オシドリ夫婦の相性も見たことがありますが、どのカップルもいい相性で、これは?という悪い相性はひとつもないのです。どうやら、相性の悪い同士は基本的に結婚には至らないようなのです。基本的に同県同士の相性がいいのは、お互い馴染みのある気質のため、相手のことを理解しやすいからです。

わが国では、昔は同じ集落など極めて狭い範囲での結婚がほとんどだったといわれています。1960年代以降、他地域との交流が盛んになったのですが、それでも1972年では同県同士の結婚は59.8%もあり、他県出生者との結婚は東日本同士9.4%、西日本同士12.6%、その他13.2%などとなっていて、離れた地域間の結婚はまだまだ少ないのです(人口問題研究所)。

それでは、静岡県西部出身者の相性のいい地域はどこでしょうか?次回をお楽しみに。

ページの先頭へ

特集バックナンバー

  • アウンズ・ヤナギハラのフェイスブックページをチェック
  • アウンズ・ヤナギハラについて
  • 新聞ご購読
  • 求人情報
  • からだにおいしい知久屋の夕食宅配
  • 森永浜松ミルク
  • 仲間・思い出を作ろう!エムズ倶楽部
  • きたえる〜む
  • 柳原社長のfacebook