トップページ » 特集 » 2008年大胆予想

特集

新年明けましておめでとうございます。
皆様はどのような新年をお迎えでしょうか。
今回は、「ちょっと粋 変? だね、遠州の人」でお馴染みの矢野新一氏による今年の 日本、大胆予想です。
今年も皆様にとって良い一年となりますように。

2008年大胆予想

1. 冷やしシャンプー 

冷やしシャンプーは、数年前、山形のある理容サロンが、「※冷やしラーメンがあるのだから、理容室でも夏向けのおもてなしが出来ないか?」と思って考案、以後、山形県下に広まりました。昨年の秋、私が出演・監修しているTBSテレビ系の特番「県民性SP5」でも紹介したのですが、冷やしシャンプーといっても、普通のシャンプー(メンソールやハッカオイルなど清涼剤の入ったものもある)を冷蔵庫でキンキンに冷やしただけのもの。これでシャンプーすると気持ちがいいらしいのです。

山形は盆地で夏暑く、昨年の7月まで40.8℃の日本最高気温記録をもっていたところ。昨年は、山形以外でも「冷やし中華始めました」ならぬ「冷やしシャンプー始めました」というのぼりをたてた理容サロンが急増、ついには、「かき氷シャンプー」まで登場しました。ひょっとしたら、皆さんの近くにもあるかもしれません。

まだ理容サロンが中心で、美容サロンでは少ないですが、今年も猛暑必至だけに、全国各地で美容サロンも含め、一気にブレイクする可能性は充分です。

※冷やしラーメンとは、その名の通り、ラーメンそのものを冷やしたものであり、スープも麺もひんやり冷たい。時にはスープに氷を浮かべることもある、主として夏に食べるラーメンです。こっちも、ついでに流行るかもしれません。

2. 赤ブーム

昨年は、黒綿棒、黒まな板、黒米など黒ブームが発生。
加えて、プッチンプリンの超特大やメガマック、メガ牛丼まで、高カロリー・ビッグサイズの花盛りの年でした。黒と大盛り・ ビッグサイズは、ダイエットの反動と久々の「男の復権」でもあったのですが、しょせん無駄な抵抗で、今年は再び女性が中心に戻るはず。としたら、赤ブームになることでしょう。

赤は情熱の色。
もちろん、赤といっても、「おばあちゃんの原宿」といわれる東京の巣鴨商店街の「マルジ」の赤パンのような一般的な赤色ではなく、もっと鮮やかな赤か逆にワインレッドのような色が流行りそうです。赤のシューズやバッグ、インナーなどが目につく年になりそう。スポーツでも、Jリーグは、赤の、名古屋、鹿島、横浜マリノス、浦和、F東京、神戸が、野球は広島や楽天が活躍するでしょう。これはちょっと大胆すぎる予想かも?ひょっとしたら青という感じもしますが…。

3. 鹿児島ブーム

昨年は『宮崎ブームで「チキン南蛮」や「冷やし汁」が人気に』と書いたのですが、宮崎は宮崎でも東国原知事が人気になってしまいました。今年は、いよいよ宮崎の兄貴分にあたる鹿児島の出番です。

鹿児島と言えば「さつま揚げ」「黒豚」「焼酎」、夏は「白熊」などが有名です。さつま揚げは古くは、島津藩政の頃から作られている伝統的な魚肉ねり製品。その名の通り鹿児島の名産品ですが、鹿児島では別名「ツケアゲ」とも呼ばれます。

これは、琉球語で魚のすり身を油で揚げた料理を「チキアーギ」と言うことから、薩摩で「ツケアゲ」と変化したと考えられています。少なくとも、1800年代半ばには鹿児島で、既に製造されていたといいます。薩摩揚げが定着したのは、気温が高い鹿児島の保存料理に向いていたからでしょう。

4. 1円パチンコブーム

パチンコ業界では玉1個を1円で貸し出す「1円パチンコ店」が登場しています。(スロットも5円スロットが登場)昨年は急増しましたが、今年は一大ブームになるでしょう。通常の貸し玉料は1玉4円ですから、単純計算で売り上げは4分の1になります。それなのに、なぜ「1円パチンコ店」が増えているのでしょうか?

パチンコ業界の現状は 「レジャー白書」によると、パチンコ参加人口は95年が2,900万人だったのに対し2005年は1,710万人。この10年でなんと約1,200万人も減少しているのです。そこで、パチンコ人口を増やすために出てきたのが「1円パチンコ」。昔のように、気軽に時間潰しができることで、パチンコファンを増やそうとしているのです。

著者 / 矢野 新一

昭和24年東京生まれ。専修大学経営学部卒業。
市場調査機関を経て(株)ランチェスターシステムズに入社し、チーフコンサルタントとして活躍。昭和60年に独立し、(株)ランチェスター戦略の第一人者として東奔西走中。特に地域戦略に関しての理論やその指導に定評がある。県民性研究の第一人者でもある。

主な著書・・・「アカウントマーケティング」(PHP)、「最新ランチェスター戦略がわかる・できる」(ビジネス社)、「ARS戦略展開マニュアル」(日本経営合理化協会)、「都道府県別ヒット商品の法則」(青春出版社)、「県民性は7392通り!」(エイチアンドアイ)など。

ページの先頭へ

特集バックナンバー

  • アウンズ・ヤナギハラのフェイスブックページをチェック
  • アウンズ・ヤナギハラについて
  • 新聞ご購読
  • 求人情報
  • からだにおいしい知久屋の夕食宅配
  • 森永浜松ミルク
  • 仲間・思い出を作ろう!エムズ倶楽部
  • きたえる〜む
  • 柳原社長のfacebook