トップページ » 特集 » 矢野新一氏がズバリ占う!!大胆予想2016

特集

矢野新一氏がズバリ占う!!大胆予想2016

新年明けましておめでとうございます。
皆様はどのようなお正月をお迎えでしょうか。
新春号では「時の人 県民性占い」でお馴染みの矢野 新一氏による、
今年の日本大胆予想です。
今年も皆様にとって良い1年となりますように。

フリーズドライ

画像:ぬいぐるみのイメージ

お湯を注ぐだけで具だくさんのみそ汁が出来るフリーズドライ食品。救急医療の分野で輸血用の血液を遠隔地の病院に運ぶために開発され、医薬品類を中心に発達しました。日本の食品分野では1960年代から少しずつ参入が始まり、インスタントコーヒーの登場と1970年代に発売された即席麺を中心に、フリーズドライの生産規模は爆発的に広まりました。

最近では、「シャキシャキした白菜の豚しゃぶ鍋」や、「さけの塩こうじ焼き」、さらには「串揚げのフリーズドライ」などが開発されています。

加工技術の向上により、ジャンルを問わず3,000種類を超える商品がスーパーや通販を賑わしていますが、素材の“味や食感”、“色・香り”を再現するだけでなく、ビタミンなどの“栄養価も損なわれない”食品と進化しているのだそうです。今年は、「こんな料理も出来るの?」というものが登場して一気にブレイクすることでしょう。

24時間居酒屋

画像:高齢者の婚活ブームイメージ

コンビニにカラオケ、スーパー、ファミリーレストランにレンタルショップ…。知らない間に、年中無休でいつでも開いている「24時間営業」の店が増えて来ました。昨年ぐらいから登場してきたのが居酒屋です。夜にお酒を飲むのは当たり前。最近では朝からお酒を楽しむことができるお店が増えているのです。

中心になっているのは、時間もお金もあるシニア層。会社を辞めた途端、「夫がずっと家にいて、朝から晩まで一日中テレビがついている」とこぼす妻は結構多いようです。こうした「自宅ひきこもり派」の夫がいる場合、妻が一番負担に感じるのは「食事の手間」が増えること。「お願いだからお昼だけは外で食べてほしい」と夫に頼む例も多いとか。

そこで登場したのが24時間居酒屋なのです。もともと、「明るいうちからビールを飲む、なんて幸せなんだ」とか「やっぱり昼間、湯に行って、明るいうちから飲むビールは最強」と思っている人も多いですから、今年は24時間居酒屋が増えるのでは…。日本経済のためにも飲んでもらいたいですが、身体を壊さないように注意して。

ヨーロッパ野菜

画像:スイーツのイメージ

ヘルシー志向、安全志向の高まりと共に、勢いを強める野菜ブーム。京野菜や加賀野菜など、産地名を改めて冠することでおいしさをアピールする伝統野菜が人気ですが、今年はヨーロッパ野菜が人気になりそうです。

さいたま市では、新たな農産物の品種として、ヨーロッパ野菜の消費・生産の拡大を推進しています。さいたま市は、ワインやパスタの一世帯あたりの購入額が全国有数で、市内にも多くのフレンチ、イタリアンレストランが営業しています。

レストランのシェフは「ヨーロッパ野菜がなかなか手に入らない」「輸入品は高価な割に鮮度が低い」等の悩みを抱えていました。シェフからのニーズに着目した若手農業者は、市内産ヨーロッパ野菜を生産し、レストランのニーズに応えようと、平成25年春「さいたまヨーロッパ野菜研究会」を発足し、ヨーロッパ野菜の普及活動がスタートしました。さいたまヨーロッパ野菜研究会では、「ゴルゴ」「フィノッキオ」「スティッキオ」「ロマネスコ」等十数種類のヨーロッパ野菜の栽培、栽培方法の確立に取組んでいます。
ヨーロッパ野菜はさいたまだけでなく、鎌倉にも栽培している会社がありますし、長野にはアジア野菜・中国野菜・ヨーロッパ野菜を作っている農業生産法人もあります。

インバウンド激減

過去最高だった昨年の訪日中国人旅行者(240万人)。昨年10月時点で380万人を超えています。しかし今年は激減するかもしれません。その理由は、

【1】中国経済の低迷が続くこと、
【2】工場の撤退や合弁解消などに踏み切る外国企業(日本を含めて)が相次いでいること、
【3】 ある程度の富裕層は来日してしまったからです。

当面は日本への爆買いの波は止まらないという見方もありますが、反日運動もいつ起こるかわからず、楽天的な見方は危険でしょう。昨年の大胆予想では、Jリーグは広島が優勝して○。セリーグは広島にしてハズレましたが、ファンとしてはヤクルトが優勝したのが嬉しかったです(^_^)v。今年は、Jリーグは、本命浦和、対抗FC東京。野球は、セリーグは阪神、パリーグは西武。今年もいい年になりますように。

著者/矢野 新一

昭和24年東京生まれ。専修大学経済学部卒業。
市場調査機関を経て螢薀鵐船Д好拭璽轡好謄爛困貌社し、チーフコンサルタントとして活躍。昭和60年に独立し、螢薀鵐船Д好拭疾鑪の第一人者として東奔西走中。特に地域戦略に関しての理論やその指導に定評がある。県民性研究の第一人者でもある。主な著書…「アカウントマーケティング」(PHP)、「最新ランチェスター戦略がわかる・できる」(ビジネス社)、「ARS戦略展開マニュアル」(日本経営合理化協会)、「都道府県別ヒット商品の法則」(青春出版社)など。

ページの先頭へ

特集バックナンバー

  • アウンズ・ヤナギハラのフェイスブックページをチェック
  • アウンズ・ヤナギハラについて
  • 新聞ご購読
  • 求人情報
  • からだにおいしい知久屋の夕食宅配
  • 森永浜松ミルク
  • 仲間・思い出を作ろう!エムズ倶楽部
  • きたえる〜む
  • 柳原社長のfacebook