トップページ » 特集 » 矢野新一氏がズバリ占う!!大胆予想2017

特集

矢野新一氏がズバリ占う!!大胆予想2017

新年明けましておめでとうございます。
皆様はどのようなお正月をお迎えでしょうか。
新春号では「時の人 県民性占い」でお馴染みの矢野 新一氏による、
今年の日本大胆予想です。
今年も皆様にとって良い1年となりますように。

ホームエレベーターが人気に

画像:ぬいぐるみのイメージ

 「ホームエレベーター」というと、つい最近までは400万円以上したものですが、昨年、2階建て用のコンパクトなエレベーターが登場。今年は間違いなくブレイクするでしょう。

本体価格は、鉄骨・コンクリート住宅で270万円、木造住宅で274万円(税別/工事費込み)。使用電気代は、一日20回の使用で月額590円、定期点検等のメンテナンス契約は、月3500円〜(税別)。ホームエレベーターがあれば、お年寄りにありがちな自宅での階段事故の心配も少なくなります。

また、愛犬家のお宅でも、ホームエレベーターが設置されるケースが増えるでしょう。大型犬や中型犬の場合、階段の移動が問題。階段の勾配がきつければ落下事故を起こしたり、腰を痛めたりヘルニアの原因になる場合もあります。では、そうしたことを避けるために1階で飼うとすれば、食事やトイレの交換のために今度は飼い主が上下階を頻繁に移動することになってしまいます。ホームエレベーターがあれば、愛犬をどの階で飼うことも可能になり、いつも身近で愛犬の世話をすることができるからです。

ロボット

画像:高齢者の婚活ブームイメージ

 ハウステンボスにはロボット200台近くがいる「変なホテル」があります。(写真のフロントの真ん中にいる女性もロボットです)フロントにつくと「マイクに向かってお名前を言ってください」と言われるので名前を言うと、チェックインが終了。客室の扉についたカメラに顔を登録してカメラを見ると鍵が開きます。部屋に入ると30センチほどの「ちゅーりーちゃん」(時間や天気などを教えてくれるコンシェルジュ)がベッドに座っています。「明かりを消して」と頼むと「えー、何?」と言われる始末。正面から話しかけないと、とんちんかんな反応をするのですが、これにはまる人が多いようです。

ロボットは、既に色々なところで働いています。カリフォルニア州にあるアロフトホテルでは、新しい従業員を招き入れました。彼らのおかげで顧客サービスが強化されています。名前は、Botlr。Butler(執事)とRobotを組み合わせた名前のロボットです。

Botlrの仕事は、宿泊客から「タオルを持ってきてほしい」などといったリクエスト受け、依頼されたものを部屋までを届けることなのです。

トヨタは、あるロボットを開発しました。そのロボットは、17の関節を持ち、その手と腕を使い、人間のような器用さでバイオリンを演奏できるバイオリン演奏ロボットです。トヨタは、このロボットを老人ホームや病院に導入することを目指しています。

日本のロボットメーカーである株式会社ココロは、オフィス向けの受付ロボットを開発しました。また、ALSOKは、『ガードロボ』と呼ばれる警備ロボットを開発しています。多くの企業は、このような受付のロボットを導入することで、人件費の削減をしたいと考えています。

この受付ロボットは、既に300単語と、700フレーズのボキャブラリーを持っています。今年は1社に1台ロボット、来年は1家に1台の時代になるかもしれません。

自費出版ブーム

画像:スイーツのイメージ

自費出版が静かなブームと言われていますが、今年は ブームになるのでは?それは、格安スマホならぬ格安自費出版が登場してきたからです。今までは、自費出版といえば、250万円から350万円が当たり前でした。しかし、最近は、本を定価2000円で100冊購入した場合、65万円程度で自費出版できる出版社があるのだそうです(もちろんamazonで自分の本を並べられます)。細かな価格はページ数や色数(フルカラー or モノクロ)などによって変動しますが、65万円〜75万円くらいだそうです。

ARボルダリング「Time Trial」ブーム

画像:高齢者の婚活ブームイメージ

ボルダリングにビデオゲームの世界を取り入れ、新感覚のARボルダリング「Time Trial」が発表されました。壁に映し出される数字のボタンを押しながら登り、タイムを競います。 登り方が明らかにスピードクライミングのそれに近く、違和感を覚えるところもあります。一方、室内と外の楽しみが分かれているように、室内クライミングは施設を活かした独自の進化を遂げていくことができるのです。 

昨年はJリーグ(第2ステージ)の本命浦和が的中。今年はJリーグは本命神戸、穴は大宮、セリーグはDeNA、パリーグは楽天。今年もいい年でありますように。

著者/矢野 新一

昭和24年東京生まれ。専修大学経済学部卒業。
市場調査機関を経て螢薀鵐船Д好拭璽轡好謄爛困貌社し、チーフコンサルタントとして活躍。昭和60年に独立し、螢薀鵐船Д好拭疾鑪の第一人者として東奔西走中。特に地域戦略に関しての理論やその指導に定評がある。県民性研究の第一人者でもある。主な著書…「アカウントマーケティング」(PHP)、「最新ランチェスター戦略がわかる・できる」(ビジネス社)、「ARS戦略展開マニュアル」(日本経営合理化協会)、「都道府県別ヒット商品の法則」(青春出版社)など。

ページの先頭へ

特集バックナンバー

  • アウンズ・ヤナギハラについて
  • 新聞ご購読
  • 求人情報
  • 17未来キャリア
  • 困った時のすまいるサポート
  • からだにおいしい知久屋の夕食宅配
  • アウンズ中島鍼灸整骨院
  • 仲間・思い出を作ろう!エムズ倶楽部
  • きたえる〜む
  • 柳原社長のfacebook
  • アウンズ・ヤナギハラのフェイスブックページをチェック