トップページ » 特集 » 浜松支部が2年連続8度目の優勝。
第22回西部地区少年野球オールスター大会

特集

浜松支部が2年連続8度目の優勝。
第22回西部地区少年野球オールスター大会

201902tokusyu1.jpg

 平成30年11月24日と12月1日に渡って、菊川運動場野球場をメイン会場に行われた『第22回西部地区少年野球オールスター大会』。この大会は、浜名湖支部から御前崎支部までの静岡県西部地区11支部が選手を選抜し、オールスターチームを結成。一日目は4ブロックに分かれてのリーグ戦を行い、二日目は各ブロック1位のチームがトーナメントを行い、“支部ナンバーワン”を決める。

 浜松地区から決勝トーナメントに進出したのは、2年ぶりの優勝を目指す浜名湖支部と、2年連続、大会最多となる8度目の優勝を目指す浜松支部の2チーム。予選ブロックでは、浜名湖支部が2試合で20得点(失点3)、浜松支部は2試合で20得点無失点と圧倒的な力の差を見せつけ、ブロックを通過した。



201902tokusyu2.jpg

 この両チームは準決勝で激突。強風吹き荒れる中での戦いとなったが、試合巧者ぶりを見せつけた浜松が4対0で浜名湖を下し決勝進出を決めた。もうひとつの準決勝は掛川支部Bが袋井支部との緊迫した投手戦をモノにし2対1で勝利。掛川支部が決勝へと進んだ。

 決勝戦は浜松支部と掛川支部Bの対戦。浜松が先攻で「プレーボール」。試合はいきなり動く。先頭打者が三塁打を放ちチャンスを作ると、続くバッターがタイムリーヒットで1点を先制。その裏の掛川Bは、ツーアウトランナーなしからヒットで出塁。牽制悪送球の間に三塁まで進みチャンスを作る。ここで浜松はバッテリーエラーが出て1点を失い、同点に追いつかれる。2回の表の浜松は三者凡退。その裏の掛川B、先頭打者がフォアボールで出塁すると、さらにフォアボールが重なり、ツーアウトながら1塁、2塁のピンチ。この場面で掛川Bの打者の打球が三遊間の深い所へ転がる。「抜ければ1点」という場面だったが、ショートが素晴らしいカバーリングを見せピンチを防ぐ。

回も浜松は三者凡退。嫌なムードのまま、その裏の掛川Bの攻撃。先頭打者の打球は風に押し戻されながら深く守るレフトの前に。その打球に対し、レフトが猛然とダッシュ。ダイビングキャッチで掴み取った。ファインプレーに大いに沸く浜松ナイン。このプレーを機に、試合の流れは浜松へと大きく傾く。4回表、浜松支部はツーアウトランナーなしからセンター前ヒットで出塁。すかさず盗塁を決めチャンスを作ると、連続タイムリーやエラーなどで3点を勝ち越し。その裏の掛川Bは、ヒットとフォアボールでノーアウト1塁、2塁のチャンスを作ると、タイムリーヒットなどで2点を返した。



201902tokusyu3.jpg 201902tokusyu4.jpg


4回が終わって4対3で浜松リード。5回はお互いチャンスを作れずに無得点。6回表。浜松の先頭打者が放った打球は力無くセンターへ。吹き荒れる強風が気になったか、これを掛川Bのセンターが落球。これで気落ちしたのか、掛川Bのピッチャーが連続四球で押し出し。この回に7つの四球と4つのエラーが重なり、浜松が大量9点を挙げ、13対3と浜松が大きくリード。浜松は7回に2点、8回にも1点を挙げ、16対3と試合を決定づける。時間制限のため最終回となる8回裏。掛川Bは粘りを見せ、満塁から走者一掃の三塁打で意地を見せるが、最後は浜松のセンターがスーパーキャッチを見せ、「ゲームセット」。16対7で掛川Bを下し、浜松が2年連続での優勝。大会最多優勝回数を8に伸ばした。

 多くの選手がこの大会を最後に学童野球を卒業。中学ではライバルとして凌ぎを削ることになる。



jrathelete.jpg

[ 特集特集一覧へ ]

ページの先頭へ

特集

月別アーカイブ
  • アウンズ・ヤナギハラについて
  • 新聞ご購読
  • 求人情報
  • 17未来キャリア
  • 困った時のすまいるサポート
  • からだにおいしい知久屋の夕食宅配
  • アウンズ中島鍼灸整骨院
  • 仲間・思い出を作ろう!エムズ倶楽部
  • きたえる〜む
  • 柳原社長のfacebook
  • アウンズ・ヤナギハラのフェイスブックページをチェック