トップページ » トピックス » 地域情報 » 第9回 碧風祭

地域情報

第9回 碧風祭

10月25日(土)・26日(日)の両日、中区にある静岡文化芸術大学で大学祭がありました。



受付口入ってすぐの部屋には、不思議なカラクリが展示してあり、絵画や書画、ガラスを使ったアートや、ユニークなオブジェがあったり、野外ステージでは有志によるライブパフォーマンスがあったりして、在校の学生はもとより、たくさんのお客さんが訪れていました。


程なくして空腹を覚えたので、「何かないかな?」と探しているうちに、中庭の「出逢いの広場」で見つけたのは、混ぜご飯が売り物の「米蔵生産所」。

秋、お米が美味しい季節…さっそく買ってみようと声をかけたら、残念ながら売り切れでした。

デザイン学部生産造形学科4年の川島さん(右)と佐々木さん(左)にお話しを伺うと、「スポンサー企業からの寄付と、クラスメイトのみんなで持ち寄ったお米をブレンドして作りました。

シャケご飯・こんぶご飯など3種のまぜご飯を用意していたのですが、お昼を過ぎた頃には早々と完売してしまいました。」と、嬉しい悲鳴。唯一残っていた熱々のお茶を頂きながら、しばし学生たちのエネルギッシュな息吹を眺めていました。

来年の祭典に、また期待して訪れるとしましょう。

スマイルスタッフ 吉野

[ トピックス「地域情報」一覧へ ]

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

ページの先頭へ