なぜ未亡人は美しく見えるのか?

いつも浜松マーケティング研究会に矢野先生とともに来ていただいている芳原信さんが、新しい本を出版しました。
 

オフィスサウスの編集者でライターである芳原信さんの経歴をこの本から初めて知りましたが、宝島社「遊ぶWINDOWS」の編集長だったんですね。
 
  
本のタイトルは「何故未亡人は美しく見えるのか?」
 
 
一見、不真面目に思えるタイトルですが、内容はいたって真面目。副題に「色のマーケティング学」とあるように、色の持つ影響力について丁寧に書かれています。

例えば
 

ファミレスは食欲を増進するためにオレンジなど暖色系を使っている。
 
 
最近の病院は白衣ではなく、薄いピンクやブルーの服を着るところが増えているが、ピンクは心を安らげる色、ブルーは信頼感、クリームは希望、というように患者さんの心のケアを考え、役割によって服装に色を変えるようになった。
 
 
学生や子供連れファミリーが中心顧客層となってしまったマクドナルドは、大人層を取り戻すために店舗も木目調や緑を取り入れた配色に変えている。
 
 
交通事故率の高い車の色は1位青、2位緑、3位灰色 
 

などなど、仕事でも生かせる内容が豊富な一冊となっています。


芳原信さんの代表作となるであろうこの本。


正月休みの一冊としてお勧めします。


オフィスサウス http://www.gogo-south.jp/

芳原さんのブログ「凄い色仕掛け」
http://blog.so-net.ne.jp/irozikake/2007-11-07

« サンタの新聞屋さん | メイン | 明けましておめでとうございます »

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.mai-ca.net/cgi-bin/mt6/mt-tb.cgi/418

プロフィール

写真:社長

浜松暮らしを楽しむ人を応援するアウンズ・ヤナギハラ社長の日記です。

2015年10月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

アーカイブ

携帯E-RA日記

QRコード

携帯からもE-RA日記を楽しめます。