子年は繁栄?

今朝のフジサンケイビジネスアイに出ていましたが、子年は株価が上がる年なんだそうで・・・。
 
 
兜町の格言として
「辰巳天井、午尻下がり、未辛抱、申酉騒ぐ、戌笑い、亥固まる、子は繁栄、丑つまずき、寅千里を走り、卯は跳ねる」と紹介されていました。
 
 
?戦後、東証が再開した1949年以降4回あった子年の相場を見ると、前年の最後の終値とその年の終値を比べた騰落率は、4回の平均で40.3%のプラス。干支の中でもダントツの首位だ。上昇が3回に対し、下落は1回の3勝1敗と、格言どおりの実績を誇る?
 
 
60年は岩戸景気で55.1%の上昇、池田内閣が「高度成長、所得倍増」を打ち出した年。

72年は田中内閣による「列島改造論」で日本中が沸き91.9%の上昇。

84年は株価が1万円の大台に乗った年で上昇率は16.7%。

ただし、96年は住専処理問題の難航などから2.6%のマイナス。
 

  
過去の事例から、国家観を語れるリーダーの登場が活況相場を作ってきたことから、「春から夏にかけての総選挙で政界再編が起きてリーダーシップを持つ政治家が登場すれば、市場も活性化する」と期待しています。
  
  
  
米国のサブプライムに絡んだ原油価格の高騰などから株価大幅下落でスタートした08年。
スタグフレーションの可能性も心配されている現状では、この格言に頼るしかないような気がします。
 
 
 
フジサンケイ ビジネスアイ
http://www.business-i.jp/news/sou-page/news/200801070012a.nwc

« 明けましておめでとうございます | メイン | プロ野球版「失われた10年」 »

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.mai-ca.net/cgi-bin/mt6/mt-tb.cgi/424

プロフィール

写真:社長

浜松暮らしを楽しむ人を応援するアウンズ・ヤナギハラ社長の日記です。

2015年10月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

アーカイブ

携帯E-RA日記

QRコード

携帯からもE-RA日記を楽しめます。