ブロックスの西川さん

先週のCS研は株式会社ブロックス西川社長の講演でした。

このブログにも何度も書かせていただいていますが、ブロックスは「映像で日本を元気にする」をスローガンに、ビデオDOITを通じ素晴らしい経営をしている隠れた企業を紹介したり、人間力を高めるセミナーなどを開催しています。

 

当社でも、セミナーに幹部が参加し、また社内では毎月ビデオ研修を開催するなどお世話になっています。
 
 
さて西川さんの講演テーマは


「取材から学んだ人の幸せを追求する経営?DOIT!の成長企業の共通点?」


ビデオ制作のポリシーは、シナリオなし、やらせなし、演出なし、の真剣勝負。
30?60時間収録したビデオを15位のカテゴリーに分類(例えばリーダーシップ、人づくり、消費者の声・・・・)した後、40?50分のビデオに編集するという大変な作業の上で完成するとのことでした。

 

その会社のすべてを映像として収めることになることから、実際の映像になるのは200社に1社くらいとのこと。
消費者としての体験・感動をもっとも大切にしているからだそうです。

  
候補企業の選定基準は

  1、ビジネスに独創性があるか
  2、店舗や社員は顧客志向か
  3、社員が生き生きとしているか
  4、会社、店舗がキレイか?(隅々まで)
  5、基本動作のレベルは高いか?感動するか
  6、トップは社員を大切にしているか
  7、経営者の使命感・情熱・志

取材時点での素直な驚き・感動が基本


論理的というよりも感性を重視した、西川さんのお話には大いに考えさせられ、また刺激になりました。

 

実は私の夢はDOIT!のビデオに出ることですが、あらためてそのハードルの高さを実感した次第です。

 

ビデオ研修でスタッフの感想としてよく出るのが「当社も似たことをやっている」というもの。
でも似て非なる点は何か?
その点をこれからスタッフと話し合っていきたいと思います。

DOIT!
http://www.doit-fun.jp/


CS研
http://www.service-lab-tms.co.jp/

« ラストワンマイル | メイン | 「サービス」の常識  武田哲男著 »

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.mai-ca.net/cgi-bin/mt6/mt-tb.cgi/503

プロフィール

写真:社長

浜松暮らしを楽しむ人を応援するアウンズ・ヤナギハラ社長の日記です。

2015年10月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

アーカイブ

携帯E-RA日記

QRコード

携帯からもE-RA日記を楽しめます。