鍵山秀三郎さん

先日、以前から一度お聞きしたいと思っていた、?イエローハット創業者である鍵山秀三郎さんのお話を聞くことが出来ました。


鍵山さんは当たり前のことを誰よりも徹底してやり続ける「凡事徹底」の精神を「全国掃除に学ぶ会」などを通じ、日本はもとより世界に広げています。


講演テーマは「ひとつ拾えば、ひとつだけきれいになる」

心にしみるお話の数々でしたが、特に私の印象に残った言葉を羅列させていただきます。


自分のいやなことを社員にもしない・させない


どんなことでも日々の努力を積み重ねていけば成る。

   10年偉大なり
   20年畏るべし
   30年にして歴史になる

感動する人は勇気のある人
   しない人は元気がない


形式主義・・・心が入っていない

便宜主義・・・本当はこうすればよいとわかっていてもやらない=堕落する

小市民主義・・・自分だけ良ければよい=自分だけの正義論


やっていない人より、やっている人に眼を向けよ


掃除を続けることにより社員が穏やかになる

途中、20年前の掃除風景のビデオを見ましたが、トイレの床から便器のふたを取って中まで素手で洗う様子に驚き、本社のある駅前や周辺の清掃風景では掃除用具の準備から社員が手際よく分担作業する様子。20年前というのに分別回収を行い、リサイクルできるものは極力リサイクルしたり、公園の落ち葉は堆肥として販売するようにしたりと、今はもっと進化しているそうですが、20年前の様子を見ても凄いと感心させられました。

これと比べると私達の地域清掃なんて、まだ天と地ほどの差があることを実感します。


でも鍵山さんがトイレ清掃を始めた頃は、社長が清掃しているにも関わらず用を足していく社員がいたそうですから、最初はそんなものなのでしょう。

10年偉大なり・・・・・

まずはそう言えるように私達も努力を続けて行きたいと思います。


日本を美しくする会
http://www.souji.jp/

« 結婚おめでとう | メイン | 絵手紙 »

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.mai-ca.net/cgi-bin/mt6/mt-tb.cgi/518

プロフィール

写真:社長

浜松暮らしを楽しむ人を応援するアウンズ・ヤナギハラ社長の日記です。

2015年10月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

アーカイブ

携帯E-RA日記

QRコード

携帯からもE-RA日記を楽しめます。