人事評価

当社の場合、夏と冬のボーナスにあわせて人事評価を行います。

 

評価の内容は

態度考課=仕事の質・量、顧客満足性、責任性、成長性、目標達成行動、規律性

成績考課=売上、契約数、集金率、不着誤配率、情報メモ、営業報告状況

などに分けて、各100点の200点満点で評価します。
 


特に重視するのが態度考課、成績に表れない日常行動を評価するわけですが、評価するにあたっては事前に各店のマネージャーが担当者と個人面談しながら作成します。
 


その後、10店舗それぞれのマネージャーや支店の状況によって点数のつけ方に差が出る場合があるので、評価調整会議を開き、全マネージャーを集めてすりあわせをしますが、それだけで概ね二日間の時間がかかります。
 


そして最終的な評価ならびにボーナス支給額が決まった後、今度は社長・統括部長との個人面談を開き、評価についての説明や、次期にむけての行動を話し合ったり、個人の目標を決めたり、またスタッフからの意見や要望を聞いたりしますが、一人15分として全社員との面談には5日かかります。
 
 


これを年2回やるわけですから、この業務にかかる時間や労力はかなりの負担ではありますが、社員満足を大切にする以上これだけは欠かせない仕事です。つまり評価や仕事に対する納得性が大事だと思うからです。

 

 

でもいつも思うことは、人を評価するということは非常に難しいことで、いつもこれでいいかと悩むことの連続。ですから5日間の個人面談が終わるとどっと疲れがでるようです。

 

おかげで昨日はついお酒が利きすぎてしまいました。

« 七夕イベント | メイン | 「よろこびを力に」有森裕子さん »

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.mai-ca.net/cgi-bin/mt6/mt-tb.cgi/694

プロフィール

写真:社長

浜松暮らしを楽しむ人を応援するアウンズ・ヤナギハラ社長の日記です。

2015年10月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

アーカイブ

携帯E-RA日記

QRコード

携帯からもE-RA日記を楽しめます。