昼礼の進め方

今月の月例会では「昼礼の進め方」について話し合いました。


当社が組織の活性化のために重点をおいているのが

情報メモ活動

委員会活動

そして昼礼です


情報の共有化やコミュニケーション・チームワークの向上のために、いかに昼礼を活性化するかを、学びと集い委員会に考えてもらっています。

月例会では


一番元気の良いといわれている大平台店の昼礼風景と委員会のメンバーが考えた理想的な昼礼を演じたビデオを上映。


そして支店ごとにビデオから気づいたこと、これから支店でも実行したらよいと思うことなどを話し合い発表しました。


司会は持ち回りにしよう。
発言する時は手を上げよう。
夕刊配達後の行動を報告しよう。
なるべく距離を近く円形に並ぼう。
 
などなど

さまざまな意見が出ましたが、基本的には支店ごとで自主的に良いと思われる方法でやってもらうことにしています。


昼礼など会社からの指示でやり方を決めるたほうが良いと思われる方も多いでしょう。
レベルの低いことを話し合っているなあと思われるかもしれません。


でも私はこのプロセスが大事だと思うのです。


こうして皆で考えることで昼礼の目的も理解できる。


遠回りなやり方のようで社内の文化として根付くのはこちらのほうが確実なのではないでしょうか。


新人から30年を超えるベテラン社員、20代から60代の社員が一緒になって考え行動する。


こういう姿を見ると、本当にわが社の社員も立派だなあ、成長したなあと感じます。


« 収穫祭 | メイン | 海谷眼科さんがハイサービス300選 »

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.mai-ca.net/cgi-bin/mt6/mt-tb.cgi/883

プロフィール

写真:社長

浜松暮らしを楽しむ人を応援するアウンズ・ヤナギハラ社長の日記です。

2015年10月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

アーカイブ

携帯E-RA日記

QRコード

携帯からもE-RA日記を楽しめます。