不況に勝つ四大戦略

先週の浜松マー研は矢野新一先生の勉強会でした。


テーマは「不況に勝つ四大戦略」


まず景気動向から
    
今回の不況は心理不況といえるくらい、マスコミ特にテレビの影響が大きい、「人の不幸は蜜の味」というくらい自分より不幸な人の話は好まれるので、テレビに映るのはインタビューした中でも一番悲惨な人。だからここまでひどいのかといった過剰な心理不況が蔓延した。今後は好調な企業の話題も増やして意識を和らげるように動くだろう。


実際には市場・地域によっては好調な企業もある。
高級品は大幅に落ち込んでいるが、日用品の消費は変わっていない。
東京はじめ大都市圏は最悪だが地方はあまり差はない。
マクドナルド・ユニクロなど低価格商品・ディズニー、スバルレガシー、ソニーバイオタイプPなど根強いファンのついてる商品は好調である。


不況に勝つ四大戦略として

1、経費削減
    今一度仕入先やリースの価格交渉をしたほうがよい。
    旅費出張費・接待交際費はもちろん、光熱費もやり方ひとつで削減は可能
    他にもHP管理費、車両費、など見直すときである

    一方、取引先から値引き交渉を受けたときの対応策も考えねばならない。

    経費削減で耐えている間に、新しいビジネスの柱を作る=いま注目は農業分野
    
2、他社顧客奪取

    下位企業の顧客を奪取するミート作戦
      キリンが一番絞りを麦芽100%に変更したのは売れているプレミアムモルツや
      エビスに対するミート作戦(しかしなぜプレミアムと言わないのか?)

    上位企業の顧客を奪取する差別化戦略
      品質・性能の差別化
      売り方・販売チャネルの差別化を図ること

3、M&A戦略

    中小企業にもM&Aの波が押し寄せつつある
       中小企業の場合、価格は専門家に頼むが、銀行や仲介業者に頼みっぱなしでは駄目。
       合併する企業がマイナス面を公開しないケースもある

    M&Aにおいても大切なのは「人」
   

4、不況期のカラーマーケティング

    色のショックで興奮させる
    私のための色と思わせる
    とにかく安い!!と思わせる色使い

などなど

今回も時代にあった実務に役立つ勉強会となりました。

矢野新一先生のブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/yanodaikodai


ナンバーワン戦略研究所
http://www2k.biglobe.ne.jp/~yano/

色の第一人者 芳原信先生
http://www2k.biglobe.ne.jp/~yano/color/colorlab_top.html

« 果敢行動 | メイン | ありがとう米 »

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.mai-ca.net/cgi-bin/mt6/mt-tb.cgi/1078

プロフィール

写真:社長

浜松暮らしを楽しむ人を応援するアウンズ・ヤナギハラ社長の日記です。

2015年10月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

アーカイブ

携帯E-RA日記

QRコード

携帯からもE-RA日記を楽しめます。