救急救命講習

CIMG3603.JPG


学びと集い委員会の主催で、救急救命講習を行っています。


3年前に全社員が消防署まで出かけて普通救命講習を修了しましたが、時間がたつと忘れていることも多いということから再度全員が講習を受けることにしました。
 


年6回に分けて、今回は消防署員の方に来ていただいての実技講習。
 

 
いつも消防車を玄関前に横付け、これは出動命令が出た際に、すぐに駆けつけるためですが、今日も講習がはじまったとたん火事が発生ということで一名の消防隊員を残して全員が出動してしまいました。


6回のうち2回出動ですから、結構出動回数も多いのですね。

さて私も途中まで参加しましたが、以前と習ったときといくつかの点が変わっていました。

まずはマウストゥーマウスによる蘇生法は、ウィルス感染などの恐れもあるため、場合によってはしなくてもよいということ。
 


そのかわり胸骨圧迫(心臓マッサージ)が15回から30回に増えたこと。
 


こうした蘇生法も環境に応じて変化しているのですね。

« 高校生の職場見学 | メイン | 「ディズニー7つの法則」 感想文より »

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.mai-ca.net/cgi-bin/mt6/mt-tb.cgi/1407

プロフィール

写真:社長

浜松暮らしを楽しむ人を応援するアウンズ・ヤナギハラ社長の日記です。

2015年10月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

アーカイブ

携帯E-RA日記

QRコード

携帯からもE-RA日記を楽しめます。