「ディズニー7つの法則」 感想文より

CIMG3608.JPG

今年最後の推薦図書は「ディズニー7つの法則」でした。
 
 

講師としてお出でいただいた加賀屋さんにディズニー関連でお勧めの本として紹介されたものです。私も10年くらい前に一度読みましたが、数多あるディズニー本のなかでもやっぱりこの本が一番優れているようですね。
 
 
 
さて以下は社員感想文からの抜粋です。


 

この本を読んでまず心に残ったのは「ディズニーの伝統」でした。研修ではなく「伝統セミナー」という言葉を使っていること。ディズニーの伝統を理解してもらう為に指導するのではなく、伝統を伝える。当社に置き換えたら、柳原の伝統=ミッション・ビジョン・行動規範・クレドを伝えるということになるのでしょうか。研修ではなく伝統のように何か他の言葉に置き換えたら、新人の方はもちろん、伝える側もモチベーションが上がるのではと思いました。
 
 

私たちにとっては、皆で話し合ってできた「クレド」がディズニー7つの法則に近いように思います。内容は誰が見ても聞いても分かりやすいし、誰にでもできそうなことばかりだと思うからです。しかし簡単そうなことだと思っても、自分を見つめなおすと“やっているつもり”になっている部分がまだまだあるなと思ってしまいました。けれどクレドが出来てから、みんな一人ひとりがそれぞれに意識しているんだと感じるときが良くあります。完璧にするのは、時間がかかる部分もあると思うけれど、せっかく本社を良くしようと皆で考えたものだから、実践していけばきっと大きく変わると思うし、本社にみえるお客様、社員等、皆に心地よい空間だと感じてもらえたら嬉しいです。

 
 
 

「報い、認め、讃える」「誰もがキーパーソン」の項目について
これまでの自分を振り返ってみると、いつも個人プレーに走り、他人を認めることはとても少なかったように思う。自分のペースで仕事をするので調子が良い時はそれなりの成果を出すが、気分が乗らないと一切やらないという両極端な面があった。この本を読んでいきなり仕事の仕方が変わるとか性格が変わってよい人になれればよいが、そんなことが出来るわけもなく・・・・、ただ、行動を変えるきっかけには出来ると思うので意識していきたい。まず自分だけ特別ではないことを常に意識して身勝手な行動は慎むこと。そして他人のマイナスポイントばかり見つけて批判するのではなく、良い部分を見つけて讃えるように改めたい。
 
 
 

私達の会社でも、スタッフ全員に新しく責任のある肩書きをつけ、名札や名刺に載せたらどうかと思いました。例えば「お客様担当マネージャー」とか「三幸地区担当責任者」などが例です。きっと名札や名刺を見るたびに「お客様のためにはどんなことでも全力をあげ最善をつくす」ということを思い出すのではないでしょうか。
 
 
 


ディズニーから見習うべき点は数多くありますが、まず当社の中に「お客様のためなら、どんなことにも全力をあげ最善を尽くす」という企業文化が根付いているのか検証する必要がありそうです。情報メモや委員会など我が社にはある程度の仕組みは整っています。
ただ「CS活動が企業文化として根付いている」という点では、まだまだ努力が必要な気がします。だから情報メモに盛り上がりが欠けてしまったり、委員会活動で深く考える習慣がなかったりするように思われます。
こうした課題をクリアするため、例えば22年度の委員会方針の中で「徹底的にこだわるテーマを一つ掲げる」ことも必要なのかもしれません。「CS活動を企業文化として根付かせる」ためにも、今後立てる予定の活動計画の中に反映させてみたいと思います。
 
 
 
 

1、 私達の競争相手は「○○新聞」や「△△新聞」ではなく、顧客が比べるすべての企業が競争相手と考え、もっとCS向上を真剣に考えてまいります。
2、 お客様に興味を持ち、よく観察し、細かい点に注意を払い顧客離れを防いでまいります。
3、 朝刊配達はあまりお客様と会う機会がありませんので、夕刊や集金時に積極的にお客様と会話を行い、「少しでも仲良くなる」という意識で接してまいります。
4、 メッキがすぐにはがれないよう、お客様を本心で大切に想う気持ちを持って接してまいります。
5、 お客様の生の声を聞き、仕事の改良点を見つけていくためにはアンケートだけではなく、お客様謝恩旅行などに社員が参加できれば、お客様と親しくなれて生の声が聞けるようになると思います。
6、 素晴らしい仕事をしたときに、認められることは大変嬉しいことです。また与えられた仕事をきっちりとこなし続けていくことに対しても、認め称えられると励みになります。一年間不着誤配のない人を讃えたように、些細なことでも人を褒め社員同士が中の良い会社にしたいと思います。
7、 社員全員が貴重な戦力です。お互いを尊敬し、悪口や陰口のない、温かい会社の一員という自覚を持って行動してまいります。自分の考え方や能力を少しでも向上させ、会社の役に立つ様な社員になれますよう努力してまいります。
 
 
 
 
 
今回も様々な「気づき」が生まれました。
 
 

« 救急救命講習 | メイン | 石の上にも3年 »

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.mai-ca.net/cgi-bin/mt6/mt-tb.cgi/1417

プロフィール

写真:社長

浜松暮らしを楽しむ人を応援するアウンズ・ヤナギハラ社長の日記です。

2015年10月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

アーカイブ

携帯E-RA日記

QRコード

携帯からもE-RA日記を楽しめます。