寺島実郎さんと金子勝さん

 CIMG3698.JPG
 
 
 
 


普段テレビはめったに見ない私ですが、欠かさず見ている番組が二つあります。

一つは龍馬伝(というかほとんどの大河は家族団欒で見ているのですが).

福山雅晴がかっこよすぎるのが玉に瑕ですが今年の大河も面白いですね。



そしてもう一つが日曜朝のサンデーモーニング。

関口宏さんの人柄なんでしょうね、コメンテーターが厳しい発言をしても何かほのぼのとした雰囲気がかもし出されています。
 


そのコメンテーターの中でも私が好きなのが、寺島さんと金子さん。

 


そのお二人がそれぞれ最近出版した本を読ませていただきました。
 
 

金子さんの本は(共著)「日本再生の国家戦略を急げ!」。
 
 
 

小泉政権が進めてきた新自由主義でどれだけ日本がおかしくなったのか、そこから再生させる為に民主党は何をすべきか、最近ブレまくっている民主党は再度マニフェストに立ち返るべきだ、本来画期的な政権構想だったはずのマニフェストが矮小化されてしまった点に現在の混乱が起きている。いま民主党政権がなすべきことは・・・・・。
 
 

という内容で、特に農林水産政策と日本版ニューグリーンディールを重点に民主党が取り組むべき課題について提言しています。
 
 

なかなか難しい本でしたが、民主党政権が今後も続く以上、まずは民主党の先生方に読んでもう一度政策本位に立ち返ってほしいと思う次第です。

 
 
 
 
寺島さんの本は「世界を知る力」。
 
 

戦後日本はアメリカを通じてしか世界を見なくなってしまった。今までの固定観念を捨てて今こそ世界の関連を見直してみることが大切ではないか。そうすれば今まで見えにくかった物事の本質が理解できるようになる。というようなことをいくつかの事例、例えば大中華圏・ユニオンジャックの矢(英国圏の歴史的つながり)・ユダヤネットワークなどを元に説いています。
 
 

「情報は教養を高めるための手段ではない。問題を解決するためにいろいろな角度から集めるものである」「断片的な情報を「全体知」へと高める動因は問題解決に向けた強い意志である」
 
 

あとがきに「この世界を動かしているものは何なのか。」という問題意識を学生や若いサラリーマン・知的女性に語りかける為に書いたということですが、我が社でも次回の社員推薦図書に選ぼうと思います。
 
 
 
 

« 桜のトンネル | メイン | 53才 »

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.mai-ca.net/cgi-bin/mt6/mt-tb.cgi/1507

プロフィール

写真:社長

浜松暮らしを楽しむ人を応援するアウンズ・ヤナギハラ社長の日記です。

2015年10月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

アーカイブ

携帯E-RA日記

QRコード

携帯からもE-RA日記を楽しめます。