メダリストの言葉


日本中を沸かせたロンドンオリンピックも今日で閉会。
 
 

毎日、深夜・早朝テレビにくぎ付けになった人も多かったことと思います。

 
 


やっと普通の生活に戻れますね(^^)


 
 
 
 
 


さてリンピック史上最高の38個というメダルを獲得した日本選手団ですが、


 
 
 

今回メダリストのインタビューで目立ったのが

 
 
 


支えてくれた仲間やスタッフ、そして応援してくれた人々への感謝の言葉。


 
  

 

バレーやサッカーなどチーム種目はわかりますが、水泳など個人種目でも感謝の気持ちを述べる選手が増えていたような気がします。


 
 

 
 
 
決して日本チーム全体でそうした指導をされているわけではないと思いますが、


 
 
 
  
 

こうした感謝の気持ちを述べるようになったのは、前回、北京での女子ソフトボールの時の影響からではないかという気がしています。
 
 
 
 
 

女子ソフトではメンタル面の強化を徹底し、全員でN01になるためのサインなどを決めイメージトレーニングをしていました。感謝の気持ちを表すことも大切と北京に行く前に恩師を訪ねたり、お世話になった人に手紙を書いたりしたそうです。

 
 
 
 

こうしたメンタルトレーニングの成果として強豪アメリカチームを破り金メダルに輝いたことは、テレビの特集番組でも報道され見た方も多かったことと思います。
 
 
  

 
 
 
 


 
 
 
 

今回、メダリストに周囲への感謝の言葉が多かったのはこうしたメンタル強化をそれぞれの種目でも取り入れるようになったからではないかという気がしています。

 
 
 
 
 
 
 
 
 

世界ランクでは上位にいるものの、いざオリンピックになると実力を発揮できないのが日本人というイメージを持っていた人は私を含めて多かったのではないでしょうか。


 
 
 
 
 
 
 
 

ロンドンでは何十年ぶりのメダル獲得という競技が多くでましたが、それは実力通りかそれ以上の力を発揮した選手が多かったからなのだと思います。


 
 
 
 
 
 
 
 

おかげで日本中が盛り上がったロンドンオリンピック。
 
 
 
 

 
 
 
 
フィジカルだけでなくメンタルを強化することが定着し

 
 
 
 
 
 
 
 
 

きっとリオではもっと沢山のメダルがとれるだろうと期待しています。


« 時間が止まったままの町 | メイン | 認知症サポーター研修 »

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.mai-ca.net/cgi-bin/mt6/mt-tb.cgi/2065

プロフィール

写真:社長

浜松暮らしを楽しむ人を応援するアウンズ・ヤナギハラ社長の日記です。

2015年10月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

アーカイブ

携帯E-RA日記

QRコード

携帯からもE-RA日記を楽しめます。