志のネットワーク


CIMG3975.JPG

昨日、山形県の新聞販売店の方がはるばる我が社の見学に来てくれました。


 

当社の地産地消事業、「ファーブル倶楽部」に興味を持たれたことが理由です。
 
 
 


山形も高齢化率は高く、買い物弱者となっている顧客のために何かできることはないかと模索していた時にフェースブックにつながっている宮城県の新聞店の方を通じて当社のことを知ったのだそうです。

  

 

昨日の午後からほぼ丸一日、当社が考える新聞販売店としてのあり方、経営理念とそれを実現するための取り組みから新規事業についての考え方まで、すべてお話しさせていただきました。


 
 

こうして訪問してくださる方には、失敗談も含めて当社のすべてを包み隠さずお伝えしています。

 
 
 

それはこうして来ていただけることが単純に嬉しいということもありますが、当社と同じような考え方、志を持った企業の皆さんと連携を深めていきたいからです。


 
 
 


特に同業である新聞店の「志のネットワーク」が全国に広がれば、どんなに素晴らしいことでしょう!!

 
 
 

ですから今回、山形の方にも、是非当社のブランド名「ファーブル倶楽部」という名称を使っていただけるようにお願いをしました。


 
 


私たちでバックアップできることは何でもします。


 
 

こうしたネットワークを広げていきたいと思いますので共感いただける皆さん、是非ともお声掛けください。

 
 
 


さて山形のSさん、Kさん、二日間誠にありがとうございました。

 
 
 

 

お二人の活躍を祈念いたしております。


 
 
 

« 売り込まないでお客様を増やす方法 | メイン | 直観力とは »

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.mai-ca.net/cgi-bin/mt6/mt-tb.cgi/2194

プロフィール

写真:社長

浜松暮らしを楽しむ人を応援するアウンズ・ヤナギハラ社長の日記です。

2015年10月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

アーカイブ

携帯E-RA日記

QRコード

携帯からもE-RA日記を楽しめます。