麺類

2007年10月 4日

讃岐うどん「きむらや」

以前から気になっていた、讃岐うどん店に行って来ました。


場所は菅原町のデニーズの東隣。小さな木の看板とノボリしか出ていないので店の名前もわからなかったのですが、どうやら「きむらや」と言うんだそうです。

12時ちょっと過ぎに入りましたが、すでにほぼ満員,その後も客足が途絶えることはありません。

メニューは6種類

1、あつあつ 並450円
   いわゆるかけうどん
2、ひやあつ 
   冷たいうどんに温かいツユをかけたもの
3、ひやひや
   冷たいうどんに冷たいツユ
4、しょうゆ  並500円
   生醤油だけで食べる
5、ぶっかけ  
   麺にダシツユをかけたもの
6、???(名前忘れた)
   いわゆる釜揚げ

その他にセルフサービスで天ぷらやオニギリが一皿100円で用意されています。

看板にあるように純手打ちの麺をゆでて井戸水でしめるというこれぞ本場讃岐の味!!

今回、「ぶっかけ」の並と「ひやあつ」の小(300円)を食べました。ちょっと多いかなとも思ったんですが、どうしても食べ比べたくて・・・でももたれるようなことはありませんでした。

シコシコのこしが強い麺は勿論のこと、ぶっかけのダシツユもひやあつのツユもどちらも素晴らしくて、また2種類食べることで大満足!!


久々にいいお店を見つけました。もっと早く来るんだったなあー、イヤホント病み付きになりそうです。

   

メイン

2009年5月 9日

龍光屋のつけめん


最近おいしいラーメン屋がないなあと思っていたらありました!!蕎麦屋のラーメン。

何人かの友人に紹介されて行ってみたのが寺島町にある「龍光屋」。


昔ながらの蕎麦屋さんなんですが、ほとんどの客が頼むのがラーメン・つけめん。人気店らしく常に満席、次から次に客がやってきます。

特につけめんが美味しいとのことなので早速大盛つけめんを注文

もりそばのように出てきたつけめんは、細め黄色のストレート麺。つけ汁はあっさりさっぱりの鰹だし。


味は濃すぎず、薄すぎず、麺も太すぎず細すぎず、さっぱりとしていくらでも食べれそうです。


麺を食べ終わった後、スープを足してもらいましたが、美味しくてついすべて飲んでしまいました。


これぞ究極、蕎麦屋のラーメンといったところでしょうか。



次回はラーメンも食してみたいと思います。

メイン

2009年10月29日

手打ち讃岐うどんを楽しむ

 CIMG0748.JPG
 
 
 
 
 
 
 
マー研でお世話になっている矢野先生のご紹介で


本場讃岐の自分で打って食べれる手打ちうどん、「元気玉」が届きました。
 

丸くなった「うどん生地」5人前と専用麺棒、うちこ、だし醤油がセットになったものです。
 
 
 

我が家で簡単に手打ちうどんが楽しめるセット。
 

会社に届いたのですが、私含め男子社員は興味津々、でも女子社員特に主婦には「めんどくさい」「男の道楽」と冷たい反応・・・・。
 
 

日々の食卓で苦労している主婦にとっては歓迎すべからぬモノなのかもしれませんね、残念。
 
 
 

さて週末、早速自宅でうどんパーティ。
 
 

すでにうどん生地は出来ていますからやることは、麺を足で「踏み」、テーブルを利用して「打ち」、包丁で「切る」だけ。結構簡単で30分くらいで出来ました。
 
 CIMG0749.JPG
CIMG0751.JPG
 CIMG0753.JPG
 
 
 
 
 

でも専用の包丁がないので切るのは結構苦労して、女性陣も一緒になってワイワイやってました。ちょっとした非日常性が家族のコミュニケーションにもなりますね。
 
 
 

もちろん自分で打った麺の味は格別。

 
 
 
皆さんもいかがですか?

こだわり麺やhttp://www.wfp-tuhan.com/catalog/default.php

メイン

2010年12月20日

三浜屋さん ありがとう

大好きな鴨ざる蕎麦が食べたくて、久しぶりにご近所の三浜屋さんに寄ってみると


「今年いっぱいで廃業することになりました。」

 
  

と張り紙がしてあるではないですか!!

子供の頃から大変お世話になっているお蕎麦屋さん。
 
 

ちょっと甘めのツユのざる蕎麦、酸味がきいてあっさり冷やし中華、そして出汁と玉子の相性が抜群にいいカツ丼の味はこの店で覚えたといっても過言ではない。


 
 
 
最近は熱々のツユにつけて食べる、つけ鴨蕎麦が何よりのお気に入りで毎日でも食べたいくらいでしたのに・・・。

  
 

そんな私にとってソウルフードともいえるこのお店がなくなるなんて信じられない気持ちです。
 
 
 

創業して45年、70代(たぶん)になった今でもご主人がバイクで出前をし、奥さんは息子さんやパートさんと一緒に店内を切り盛りし、いつも賑わっていました。

 
 

今でも人気のお店であることは間違いありません。


 
 

どういう事情かはわかりませんが、とっても残念です。


 
 

また再開の機会があれば嬉しいのですが・・・・・・。

 
 

 

考えてみると、これで出前をしてくれるお店は我が家の周りにはなくなってしまいました。ピザのデリバリーくらいでしょうか。
 
 

 

出前という文化も、FC店のデリバリーに替わってしまったということですね。

 

 
 
 
ともあれ45年間お世話になった三浜屋さん。

 
 

本当にありがとうございました。  
 
 
  

メイン

2011年3月 2日

朝ラー・ブームは本物か?

CIMG0197.JPG

最近、TVの「ケンミンショー」に取り上げられたり、ワイドショーでも話題の朝ラーメン、通称「朝ラー」。
 
 
 

藤枝市周辺がその震源地のようですが、この地域には朝から開店しているラーメン店が20軒ほどあり、魚介ベースの醤油ダレをあっさりしたスープで割ったあっさりしたラーメンを販売している。
 
 
 


なぜ朝ラーが生まれたかというと、漁業や茶業関係で朝から仕事をする人が非常に多く、客の要望に応える形で早朝営業を開始したのが起源と言われている。
 
 
 


のだそうです。
 
 
 


これを地域おこしに活用しようと2010年11月、市民による任意団体「藤枝朝ラー文化軒究会」が発足したそうですが、その関係者からいただいたのが写真のラーメン。

 
 
 
これ2食入りなんですが、面白いのは温かいスープ用と冷たいスープ用の2種類がセットになっているんです。

 

 

なんでも地元では、この冷たいのと温かいのを一緒に食すのが通なのだとか。



私事ですが、毎食ラーメン・蕎麦・うどん・スパゲティなんでも麺ならOKというくらい麺好きなんです。



最近、昔なじみの蕎麦屋が閉店してしまったので、昼は自分で麺をゆでて食べるくらいなんですが(麺のゆで加減には人一倍うるさいタイプ)、さすがに50代ともなると朝からラーメンはちょっと・・・・・しかも2食となると多すぎて無理。



なので平凡に昼に茹でて食しましたが、



やはり朝ラーというだけあって、あっさり食べやすい。しかも量は軽め、でも醤油の味加減は強めってな感じでしょうか。



ただ冬場だと、この冷たいスープがどうも・・・・。



もうちょっと温かくなってから試してみたいですね。



朝ラーブームは、藤枝だけでなく各地にも広がっているようで、そういえば浜松にも私の知る限りでは一軒ありましたね。



 
 

さてこのブーム、どんな展開になるのか?
 
 


これからの、藤枝朝ラー文化軒究会の皆さんのご活躍に期待したいと思います。


メイン

プロフィール

写真:社長

浜松暮らしを楽しむ人を応援するアウンズ・ヤナギハラ社長の日記です。

2015年10月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

アーカイブ

携帯E-RA日記

QRコード

携帯からもE-RA日記を楽しめます。